« 南部の方で? | トップページ | シャウターとささやき »

2009年12月13日 (日)

南部の方で?(続き)

ジェシー・アンド・バズィーのジェシー・パーキンスは,1959年12月にもSavoyレーベルでセッションを行って,もう1枚レコードを出している.

Jesse Perkins And The Bad Boys, Madly In Love b/w One More Kiss, Savoy 1584.

Savoy1584 これが,ジェシー・アンド・バズィー名義のものとはだいぶ感じが違う.こちらはベース,ピアノが入って,ずっとにぎやかで,前作のカントリー・ブルースまがいからR&B風になっている.

Madly In Loveという曲は,ニューオーリンズ風のR&Bバラッド.スマイリー・ルイスとか,そういう人達がやるような曲で,それで,間奏ではジェシー・パーキンス自身による(たぶん)ひなびたハーモニカ・ソロが入る.楽曲もハーモニカもそれなりに良いと思う.

One More Kissの方は,軽快,ポップで楽しげなR&Bロッカー,と思っていると素朴だけれどリズムがよく切れるハーモニカ・ソロが入る,というもの.

どちらの曲も作者はPerkins-Lubinskyとなっていることと,同じセッションの未発表曲にJ & B Rockなんて曲名があってJ & Bとはジェシー・アンド・バズィーのイニシャルと推測されることから,このセッションにもバズィー・ルビンスキーは参加しているのは確かだろう.このとき録音は8曲行っていて,売れそうな2曲を選んでレコードにしたと思うのだが,6曲の未発表曲ではどんなことをやっているのだろうか.大物とは言えない人達だけれど,未発表曲も,はっきりしない正体も,ちょっと知りたくなる.

|

« 南部の方で? | トップページ | シャウターとささやき »

コメント

この人たち、昔からリストで見るたびに気にはなってました。
リイシューされてるのも見たことないし・・・
でも、大体どんな感じかわかりました。

投稿: t-42 | 2009年12月14日 (月) 18時11分

渋いところを取り上げますね、すごい!
サヴォイでルビンスキーといえば、つい創設者のハーマン・ルビンスキーを思い浮かべちゃいます。
彼がニュージャージーのニューアークでレーベルを立ち上げた後、親戚(一族?)の”バジー”ルビンスキー("Buzzy" Lubinsky)がDJとして地元局で大人気、サヴォイのレコードをかけまくって宣伝した・・・と聞いたことがあります。
ここで聞けるギターがめちゃくちゃ上手とか特徴があるというものでもないし、他で名前を見ないことなどからも、この2つの名前には何か関係があるでは(同一人物)と思っていますが、多分思い込みでしょうかね(笑)。

投稿: むらた まこと | 2009年12月14日 (月) 20時48分

t-42さん:
> この人たち、昔からリストで見るたびに気にはなってました。

ああ,さすがに隅々まで気を付けている方は違いますね.探求心旺盛な人はこの辺まで関心をお持ちですね.

むらた まことさん:
> 親戚(一族?)の”バジー”ルビンスキー("Buzzy" Lubinsky)がDJとして...

これでBuzzyの方の謎解きはほぼ完了ですね.ルビンスキーの名前を見て,はて,Savoyの創始者がこんな名前じゃなかったか,と思ったのですが,関係者でしたか.情報どうもありがとうございました.

投稿: BackDoorO | 2009年12月14日 (月) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/47014243

この記事へのトラックバック一覧です: 南部の方で?(続き):

« 南部の方で? | トップページ | シャウターとささやき »