« スパイダーマンあらわる | トップページ | ニューオーリンズは懐メロ再生工場 »

2009年11月 8日 (日)

天才二世あらわる

セネター・ジョーンズ制作のニュー・オーリンズ・ブルースでは,こんなのも良いと思う.

Bobby Powell, When You Move You Lose b/w Drifting Blues, Hep' Me 176.

Hepme176 両面ともCDで簡単に聞けるので,アナログのシングル盤を引っ張りださなくてもよいのだけど,まあ安かったし,お買い得な方だ.

ボビー・パウエルは,盲目で,ピアノも上手い,歌も上手い,プラス天才然とした雰囲気,ということで,どうもレイ・チャールズっぽく見える.別にレイ・チャールズの亜流ということもなく,声も歌い方も全然違い,独自の個性はある.と,言いたいところだが,Hep' Meではレイ・チャールズの有名曲をいくつかカバーしたりしていて,それじゃ「物真似ではない」というフォローをしにくいよ.

レイ・チャールズっぽいとなれば,ブルースのレパートリーも当然ある.なにしろ彼の代表的なヒット曲のC.C. Riderはゴスペル・ブルースの傑作だ.あれは素晴らしいと思う.まあ,レパートリーの平均値はそんなにブルースじゃないだろうけど.

このHep' Meシングル盤,1980年前後のものだが,ブルース成分は濃い.Drifting Bluesはもちろん,何度もカバーされたジョニー・ムーアズ・スリー・ブレイザーズのピアニスト,チャールズ・ブラウンの大有名曲.このパウエルのバージョン,オリジナルのメランコリックなクラブ・ブルースの面影はなく,熱いゴスペル・ブルースに仕立て直されている.これはこれでかなり聞き物だが,別にDrifting Bluesの歌詞を使わなくてもよさそうな気がしないでもない.

When You Move You Loseの方はスローのソウル・バラッドだが,非常にブルージーな曲だ.ブルース形式ではないけれど,伴奏なんか,ほとんどブルースと言えそうな感じ.聞きごたえのある曲だと思う.

|

« スパイダーマンあらわる | トップページ | ニューオーリンズは懐メロ再生工場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/46710865

この記事へのトラックバック一覧です: 天才二世あらわる:

« スパイダーマンあらわる | トップページ | ニューオーリンズは懐メロ再生工場 »