« ウルフ学校卒業生・その1 | トップページ | ウルフ学校卒業生・その3 »

2009年7月26日 (日)

ウルフ学校卒業生・その2

ヘンリー・グレイはBlues Unlimitedに1970年に録音したすぐ後,同じ年にArhoolieに3曲(Louisiana Blues, Arhoolie CD 9004),Excelloに4曲(Swamp Blues, UK Ace CDCHD 661)と録音がある.その後,少し間が空いて,1977年にドイツでLPを作った(They Call Me Little Henry, Blue Beat 7732),なんて話があるけれど,それは聞いたことがない.Blind PigのLP(Lucky Man, Blind Pig BP 2788)が出たのは,1988年らしい.Blind PigのLPの前,グレイはフロリダのSunlandレーベルから何枚かシングル盤を出している.

Henry Gray and The Mighty House Rockers, Don't Start That Stuff b/w Talkin' About You, Sunland 103.

Sunland103 Sunlandは,1980年代にベテランの,比較的古いスタイルのブルースをシングル盤で出していたレーベルで,コンピレーションLPも出ていたようだ.このSunland 103には1983年というリリース年が記されている.

ヘンリー・グレイはDon't Start That Stuffという曲を気に入っていると見えて,このレコードの後も何度か再演している.重みのあるナイス・スロー・ブルース.グレイは左手がしっかりとリズムを刻みながら,グリッティな歌を聞かせている.ハーモニカはウィスパリング・スミスだろう.

Talkin' About Youの方は軽快なシャッフルの,ルイジアナ風ブルース.グレイならではのよく転がるピアノがかなり聞ける.

両面とも昔ながらのブルースで,何も新しいことはないが,ダウンホームな感覚は心地よい.特にDon't Start That Stuffには聞きごたえがある.

|

« ウルフ学校卒業生・その1 | トップページ | ウルフ学校卒業生・その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/45749511

この記事へのトラックバック一覧です: ウルフ学校卒業生・その2:

« ウルフ学校卒業生・その1 | トップページ | ウルフ学校卒業生・その3 »