« 買わなかったLP盤のこと・その2 | トップページ | 買わなかったLP盤のこと・その4 »

2009年6月28日 (日)

買わなかったLP盤のこと・その3

前回はシルヴィア・エンブリーだったので,今回はその元旦那でギタリストのジョニー・エンブリー.シルヴィアは多分ベースを弾いているだろう.

Johnny "Guitar" Embry and his Blues Kings, Johnny's Bounce b/w I Love The Woman, Razor 5101.

Razor5101 1979年という表示のあるレコードで,レーベルのRazorはこの翌年にジョニー・エンブリーとクイーン・シルヴィア・エンブリーの連名のLPを出している.このシングル盤の2曲はLPに入っているのかと思ったら,そうではないようだ.

内容は,1980年前後の,ごく普通のシカゴ・スタイルのブルース.Johnny's Bounceは速めのテンポのインストゥルメンタル曲で,ジョニー・エンブリーのギターが終始ソロを弾く,というもの.とりあえず,シカゴ・ブルースだな,という感じ.悪くもないけど特にオリジナリティがあるわけではない.

I Love The WomanはB・B・キング式のスロー・ブルースで,こちらは歌が入る.一応ちゃんと歌うけれど,聞きたくなるような歌でもない.インストをA面にしているし,ジョニー・エンブリーって歌が好きじゃなさそうな感じもする.それではギターの方はどうかというと,これもさほど上手いとは思えない.自分でギター弾く人だと「自分の方が上手い」と言いそう.これでは良い所がないようだが,元気の良さは取り柄だ.間奏のギターソロで強引に盛り上げちゃうとこなんかが見せ場だろう.

このレコード,都内のレコ屋で1980年代に買ったと思うが,今でも割と安く買えると思う.買ってからあまり聞かなかったし,勧めるような作品でもないけれど,この時代のシカゴ・スタイルが好きで二流が好き,という人ならそれなりに面白いだろう.

|

« 買わなかったLP盤のこと・その2 | トップページ | 買わなかったLP盤のこと・その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/45482475

この記事へのトラックバック一覧です: 買わなかったLP盤のこと・その3:

« 買わなかったLP盤のこと・その2 | トップページ | 買わなかったLP盤のこと・その4 »