« “ショット”とのつながり | トップページ | ジェシー・アンダーソン・その3 »

2009年4月26日 (日)

ジェシー・アンダーソン・その2

ジェシー・アンダーソンの録音したブルースと言えばこれだろう.

Jessie Anderson, You're Only A Woman b/w True Love Express, Cadet 5554.

Cadet5554 このレコードではジェシーのスペルがJessieとなっているが,Jesseが正しいようだ.レーベルのCadetはもちろんChess Records社のレーベルで,両面ともReal Chicago Blues Today - 60's Style (P-Vine/Chess PLP-6083)で復刻されていたけれど,それも結構昔の話になってしまった.

You're Only A Womanは文句の無い,優れた1960年代のブルース.良くコントロールされたアンダーソンの歌唱も素晴らしいが,イントロから最後まで周到にアレンジされた伴奏がまた良い.アレンジはチャールズ・ステップニー,サニー・トンプソン,ジーン・バージの連名となっている.Michel RuppliのディスコグラフィーThe CHess Labels, (Greenwood Press)によると1966年9月16日の録音で,メンバーは分からない.しかし,アレンジャーの顔ぶれからして,トンプソンがオルガン,バージがサックスというのはあるだろう.ギターも好演.

True Love Expressは非常にファンキーなブルースでこれも良い出来だ.やはりアレンジが格好よい.

ジェシー・アンダーソンはChessで3度のセッションを持っていて,1963年11月に4曲(マトリクス番号12799-12798),1966年9月に5曲(マトリクス番号15195-15199),1967年頃に2曲(マトリクス番号は16343,16344),の計11曲を録音している.レコードになったのはArgoで1枚,Cadetで2枚(もう1枚は次回にでも)の計3枚,6曲だった.このCadet盤の良さからすれば未発表曲などもいつかは聞いてみたい.だけどまあ,リイシューしても商売になりそうもないし,期待薄か.Chessには,資料上ではジェシー・アンダーソンだけでなく,ジョニー・トンプソンとかリトル・ジョー・ブルーとかにも未発表録音があるのだけれど,これらはどんな音楽なのか謎のまま終るのかな.仕方ないと言えば仕方ないが,それで良いのか,という気もする.

|

« “ショット”とのつながり | トップページ | ジェシー・アンダーソン・その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/44804240

この記事へのトラックバック一覧です: ジェシー・アンダーソン・その2:

« “ショット”とのつながり | トップページ | ジェシー・アンダーソン・その3 »