« マジックの始まり | トップページ | イリノイ州パロス・パーク »

2009年4月 6日 (月)

思わぬ接点

ルーサー・ギター・ジュニア・ジョンソンの初録音,マジック・スリムの初録音,と続けてきたけれど,シカゴ・ブルースの初録音ものをもう一つ.

Lee (Shot) Williams, I'm Trying b/w Hello Baby, Foxy 005.

Foxy005 リー・“ショット”・ウィリアムズがこのデビュー盤を出してから40年以上も経つが,最近もEckoレーベルからCDを何枚も出していて,そのキャリアも随分長くなった.1938年生まれというから,もう70歳になるけれど,Ecko盤を聞く限り,今でもそれほど衰えはないようだ.しかし,Eckoは伴奏がおもちゃっぽいのが難点だよなあ.

さて,1962年のリー・“ショット”・ウィリアムズ初録音だけど,両面とも優れたシカゴ・ブルースだ.I'm Tryingの方は深遠なスロー・ブルース.リー・“ショット”の声は少しだけ若過ぎるかとも思うが,それでも十分に上手い歌を聞かせる.フレディー・ロビンソンのギターが鋭い音色で曲を引き締めている.

Hello Babyの方はミディアム~アップ・テンポのブルースで,こちらも熱気があって,引き込まれる.聞いているとマジック・サムがアン・アーバーのライヴでやっていたI've Got Papers On You, Babyを思い起こす,っていうか,ひょっとして,同じ曲じゃないか,という気がした.そこでマジック・サムのライヴ盤の歌詞カードを引っ張りだし,それを見ながら,このリー・“ショット”のHello Babyを聞いてみたら,やはり同じ曲だと分かった.マジック・サムのI've Got Papers On You, Babyはリー・“ショット”・ウィリアムズのHello Babyをかなりオリジナルに忠実に演奏したものだったのだ.リー・“ショット”はマジック・サムとも面識があったようだし,このFoxy盤を出した後,アール・フッカーのバンドに加わってHello Babyをよく歌っていたそうだ(Danchin, Earl Hooker - Blues Master)から,マジック・サムがこの新人歌手の曲を聞き覚えていたとしても不思議ではない.それでも意外な接点という感じはする.なお,B・B・キングのI've Got Papers On You, Babyはマジック・サムのものとは違う曲だ.

The Blues Discography 1943-1970によるとメンバーは次の通り.

Lee "Shot" Williams, Vo;
Mack Simmons, h;
Monk Higgins, John Jackson ts;
Detroit Jr. p;
Freddy Robinson, gtr;
Phil Upchurch, b;
Billy Davenport, d.

リー・“ショット”・ウィリアムズはFoxy盤の数年後のI Hurt Myself (Shama)みたいなソウル曲の大傑作もあって,レパートリーを平均すればブルース歌手というよりディープ・ソウル歌手の方だろう.The !!!! Beatの映像でもあまりブルースっぽくはないようだった.それでも,こんな風に意外とシカゴ・ブルースの人という面も持っている人でもある.

|

« マジックの始まり | トップページ | イリノイ州パロス・パーク »

コメント

毎回楽しく拝見させて頂いております。しかし、ご紹介の作品群は聴いたことがないものがほとんどで、音源入手も難しそうで指をくわえて勝手にイメージするのみでしたが、今回のLee Shotの音源は手元にあり嬉しく何度も聴いております。Famous Grooveというブートレッグ臭いレーベルのCDですが、彼の初期の作品をかなり網羅しているようです。久し振りに聴きましたが、なかなかどうしてご機嫌なBlues 'n' Soulが満載です。マジック・サムやアール・フッカーとステージに立っていたシンガーが未だにアルバムをリリースしているのがなんだか不思議な感じです。EckoのCDには手が伸びていませんが、特にお薦めのアルバムはあるでしょうか?

投稿: 輪高 | 2009年4月 6日 (月) 21時33分

いつもありがとうございます.Famous GrooveのCD,私も買いましたよ.ブートですよねえ.色んなレーベルに少しずつあるから,こんなCDはブートレッグでないと難しそうです.音質に難有りですが,良い曲が入っていますよね.実はそのCDを買ってから,あーこの出だしの2曲をドーナツ盤で欲しい,となったような訳なんです.何曲かは他レーベルで正規にCD化されているのですが,まとめて聞けないのが,どうも.

Eckoのやつは,特にお薦めはしません.悪くはありませんが,どうも型にはまっているように思います.まあ全部聞いたわけじゃありませんが,全部聞いても変わり映えしないんじゃないか,と.雑誌のレヴューなんかで誉められている盤でよろしいと思います.


投稿: BackDoorO | 2009年4月 6日 (月) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/44580532

この記事へのトラックバック一覧です: 思わぬ接点:

« マジックの始まり | トップページ | イリノイ州パロス・パーク »