« 目指せ,マディじじい | トップページ | 思わぬ接点 »

2009年3月29日 (日)

マジックの始まり

前回のルーサー・ギター・ジュニア・ジョンソンはマジック・サムと接触があった人だが,マジック・サムと活動していた経歴を持つ一人にマジック・スリムがいる.マジック・スリムは大量の録音を行っているが,その最初期のレコード.

Magic Slim, Love My Baby b/w Scuffling, Ja-Wes 0105.

Jawes0105 1966年の録音ということで,マジック・スリムは29歳になっている.印象としては,若いな,というところ.The Blues Discography 1943-1970に出ているメンバーは次の通り.

Morris Holt (Magic Slim), gtr;
unknown, Vo;
Paul Brown, ts;
Robert Perkins, b;
Willie Jones or Skin Man Whitehead, d.

へえ,ヴォーカルはマジック・スリムじゃないのか,これ.楽器担当は4人だから少人数の編成だけど,まあ,スカスカ感は否めない.

Love Me Babyは,なかなか重々しいスロー・ブルース.問題は,誰だか分からないが,マジック・スリムではない人のヴォーカルだ.ごく抑えたささやくような調子の歌い方だが,それが弱々しいように聞こえてしまう.そうなると聞き物はマジック・スリムのギター,となるが,頑張っているけれども,特別に凄い才能を感じるということもない.ただ,1960年代の,小レーベルのシカゴ・ブルースならではの,どろっとした雰囲気は十分にある.なお,この曲は昔買ったRed Lightnin'のLP,When Girls Do Itに入っていて,個人的には懐かしい.

Scufflingというのは,何やらラテンぽいリズムでがちゃがちゃと始まって,これに語りが加わって,というダンス・ナンバー.

マジック・スリム,このJa-Wes盤からは,メジャーなブルースマンになるような気配はあまり感じられない.しかし,その後,1975年頃にMean Mistreaterレーベルで出したレコード(自分が聞いたのはRoosterのEPリイシューだったけれど)になると,聞き違えるような,ずっとエネルギーある演奏をしていて,ほぼ独自のスタイルを確立している.大器晩成の人だったようだ.

|

« 目指せ,マディじじい | トップページ | 思わぬ接点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/44507242

この記事へのトラックバック一覧です: マジックの始まり:

« 目指せ,マディじじい | トップページ | 思わぬ接点 »