« 流用事件その2 | トップページ | 名手の真価 »

2009年2月22日 (日)

流用事件その3

リトル・ウィリー・ポラードという人に関しては,"67" Blues (ARC 7462)というレコードのことを前に書いたことがある.あれは良いレコードだったが,これは,ちょっと困ったもんだねえ.

Little Willie Pollard, Reap What You Sow b/w Blues On My Mind, W.B.P. 001.

Wbp001 Reap What You Sowというのに針を降ろすと,始まるイントロは"67" Bluesのそれとよく似ている.いつもこーゆースタイルなのね,この人は,などと思っているうちに,歌い出して,間奏があって,ん?これ,伴奏は"67" Bluesと同じじゃん.同じカラオケを同じ歌手が再利用したのかい.歌のメロディーを"67" Bluesとは微妙に変えているが,それが「これは前のレコードとは別の曲なんだからな」と無理矢理主張しているようにも思えて来る.

裏返して,Blues On My Mindというのを聞いてみると,イントロが始まって,あれ,裏返したよな,もしや間違えて同じ面を,と一瞬思うが,そうではないのは歌が始まると分かる.これも"67" Bluesの伴奏を使った別の曲なのだ.メロディーもReap What You Sow"67" Bluesとは微妙に変えている.それにしても,同じ伴奏で3曲目だよ.1人の歌手が同じカラオケで,3曲の違う曲を録音するなんてことがあるだろうか.しかも,律義に少しずつメロディーを変えて.伴奏トラックの流用に関しては横綱じゃないか,この人.

両面とも作曲者はWillie B. Pollardとなっていて,これがポラードのフルネームだろうから,レーベルのW.B.P.というのはポラードの頭文字をとった彼自身のレーベルだろうと思う.相当に無茶な音の録り方をしているとみえて,音質は極端に悪い.

|

« 流用事件その2 | トップページ | 名手の真価 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/44144535

この記事へのトラックバック一覧です: 流用事件その3:

« 流用事件その2 | トップページ | 名手の真価 »