« メル・アレクサンダーと歌手・その4 | トップページ | メル・アレクサンダーと歌手・その6 »

2009年1月17日 (土)

メル・アレクサンダーと歌手・その5

ジム・ギャンブルがメル・アレクサンダーのKrisで出した3枚目のシングル盤はこれ.

Jim Gamble, It's Hard To Explain Part I b/w It's Hard To Explain Part II, Kris 8106.

Kris8106 It's Hard To Explainの作者はAgee-Harris-Alexanderとなっていて,レイ・エイジーが録音したものがオリジナルだろう.速めのテンポの,マイナー・キーのソウル・ブルース・バラッドになっている.控えめにストリングスも使っているのはB・B・キングのThe Thrill Is Gone以降の流行かも.少々甘口の曲だけれど,ギャンブルの力強い歌いっぷりのお蔭でびしっとした,聞きごたえのある曲になっている.

このレコードは,多分1980年前後にディスク・ユニオンで買ったと思う.買った当時は気に入って何度も繰り返し聞いたものだ.それから30年近く経ったが,よくこの道楽が続いたものだ(長いわりにコレクション少ないけどね).飽きもせず,と言いたいところだが,本当はいい加減飽きてきていて,これからは何を手に入れても,このレコードを買った頃のようにはわくわくすることはないだろうな.

|

« メル・アレクサンダーと歌手・その4 | トップページ | メル・アレクサンダーと歌手・その6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/43764351

この記事へのトラックバック一覧です: メル・アレクサンダーと歌手・その5:

« メル・アレクサンダーと歌手・その4 | トップページ | メル・アレクサンダーと歌手・その6 »