« メル・アレクサンダーと歌手・その5 | トップページ | メル・アレクサンダーと歌手・その7 »

2009年1月24日 (土)

メル・アレクサンダーと歌手・その6

前回,前々回のジム・ギャンブルのレコードは二十ン年も前に買ったのだけれど,今度はつい最近買ったレコード.メル・アレクサンダーのレーベルのことを書きはじめたから,なるべく安くすぐ買えそうなのを追加しようと思ったのだけど,こりゃ駄盤だったな.

Chick Willis and the Kenyattas, Love Doctor b/w Stoop Down "76", Kris 8101.

Kris8101 チック・ウィリスはアルバムもシングル盤も色々あって,今は新大統領をネタにした曲Obamaを含むアルバム,The Don Of The Bluesが絶賛(?)発売中とか聞く.なんか,いつからドンに,とツッコミたくなるアルバム・タイトルなんだけど.

さて,メル・アレクサンダーのプロデュースによるLove Doctorという曲だけれど,ジャンルとしては,エロ・ファンク・ノベルティ.針を降ろすと一応ファンキーな音楽が始まるが,それに,女の喘ぎ声がかぶさってくる.いいのか,こんなのレコードにして.それを聞いていると,突然でかい声で「ぬっはっはっはっ」という卑猥笑いが入る.何だ,こりゃ.その後低い声でラヴ・ドクター先生の診察風景が,という構成.我慢して聞いているともう何回か「ぬっはっはっはっ」を聞ける.いや,聞けても,嬉しいことはないけれど.allmusicでチック・ウィリスのバイオを見ると,歌詞が猥褻でエアプレイできないStoop Down Babyのオリジナル盤をジュークボックス専用に大量に売った,とか書いてあるから,このレコードもその線を狙ったものだろう.政治家のことを歌うよりは人柄に合った作品のような気もするが,音楽性よりエロ面を狙い過ぎじゃないの.この作品が音楽としては役に立つとは思えないが,可笑しい人だね.

裏返して,Stoop Down "76"の方はプロデュースはチック・ウィリス自身になっている.これは,聞き比べてはいないが,ウィリス自身のレーベルStoop Downから出たものと同じかもしれない.こっちは音楽的にはかなり良い.La Valに録音したオリジナル盤よりも速くして,熱気のあるアップテンポのブルースとしている.ギターなんかは上手いと思わないけれど,そんなことより(聞き取りは間違っているかもしれないが),

Jack and Gill,
Went up on the hill
Gill comes down with $20 Bills
Stoop down, stoop down on the hill

などと小気味よく語呂合わせっぽい韻を踏む,話芸に近いものがこの人の良さなのだろう.

|

« メル・アレクサンダーと歌手・その5 | トップページ | メル・アレクサンダーと歌手・その7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/43845002

この記事へのトラックバック一覧です: メル・アレクサンダーと歌手・その6:

« メル・アレクサンダーと歌手・その5 | トップページ | メル・アレクサンダーと歌手・その7 »