« メル・アレクサンダーと歌手・その1 | トップページ | ブログ初め »

2008年12月29日 (月)

メル・アレクサンダーと歌手・その2

ジミー・“プリーチャー”・エリスはメル・アレクサンダー関係のレーベルではSpaceの他,Movin',Krisなどでレコードを出していて,KrisではCD/カセットまで出しているらしい(Red Hot And Blue, Kris 8147).そのCDに両面とも入っているようだけれど,Krisから出たレコードの一つがこれ.

Jimmy (Preacher) Ellis, Everyday's A Holiday With The Blues b/w Hard Times, Kris 8146.

Kris8146 録音年とかは良く知らないけれど1980年前後ではないかな.どういう訳かThe R&B Indiesに載っていないが,別に珍しい盤ではないと思う.

Everyday's A Holiday With The Bluesはマイナー・キーの非常にブルージーなバラッド.ボビー・ブランドのI'll Take Care Of Youを乱暴にしたような感じ,と言えば近いか.シンセサイザーを安易に使ったアレンジは嫌だが,重量感あるエリスの声には魅力を感じる.

Hard Timesはリラックスしたテンポのブルース曲.こちらもアレンジが感心しないなあ.生活の苦しさを訴えるブルースなのだけれど,暢気な音色で響く単調なシンセサイザーのリフのせいで何だかちっとも真実味がないぞ.ちょうどブルース&ソウル・レコーズ誌の最新号(No.85)はギターを持った次期大統領オバマさんが表紙で,特集記事の中で社会派のブルースやソウルの曲がいろいろ紹介されている.このHard Timesもメル・アレクサンダーがもっと上手く制作していればその中にも入っていたかもしれない.エリスの,ごわごわした声を使った歌いっぷりは悪くないのだから.

ジミー・“プリーチャー”・エリスが今どうしているのかよく知らない.テキサス州ダラスのブルースのサイトに写真があるので,テキサスのどこかにいるのか,それとも今もウェスト・コーストにいるのか.今後,突然アルバムを出す可能性も残っていると思う.昔のシングル盤作品のコンピレーションにも期待したい.

|

« メル・アレクサンダーと歌手・その1 | トップページ | ブログ初め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/43569387

この記事へのトラックバック一覧です: メル・アレクサンダーと歌手・その2:

« メル・アレクサンダーと歌手・その1 | トップページ | ブログ初め »