« Ferriday, Louisiana・その3 | トップページ | メル・アレクサンダーと歌手・その1 »

2008年12月13日 (土)

Ferriday, Louisiana・その4

ルイジアナ州フェリデイのレーベルでもう一つLluviaというのがあって,枚数は少ないようだがレコードが出ている.レーベルにManufacturing by Myrl Records,と記してあるので,Myrlと同じ会社の別レーベルかとも思う.その1枚がなかなかの聞き物だ.

"Happy Jack" Davis with Piano Slim & The Stereo Tones, Ten Cents Stew b/w Steady Roll, Lluvia 5052.

Lluvia5052_2 “ハッピー・ジャック”・デイヴィスというのが誰なのか,分からない.この名前で他に出ているレコードは無いようだ.このレコードが録音されたのは1961年9月だが,その時点かなりキャリアを積んでいたジャンプ・ブルース・シャウター,という感じがする.つやつやとした声質だが,若い人という声ではなく,少し貫禄のついた声で,歌い方もやや古い世代のように聞こえる.

Ten Cents Stewは鋭い音色のテキサス・ギターで始まる8小節のスロー・ブルース.デイヴィスのずっしりと重い歌いっぷり,ギターを始めとするバンドのサポートとも良い.途中でしつこい曲展開になるのが音楽の流れを止めてしまうようなところがあるが,これもマイナー・アーティストの愛嬌なのではないか.1960年代のテキサス・アーバン・ブルースの良作として高く評価したい.

Steady Rollはノリの良いジャンプ・ナンバーで,こちらも良い出来だ.威勢の良いサックス・ソロなども入る.

The Blues Discography 1943-1970は録音地をFerriday, La?としているが,テキサス州ヒューストンの録音だろう.マトリックス番号はACA 4391/ACA 4392となっている.ピアノ・スリムことウィラード・バートンの名前が記されているから,彼がピアノを弾いているのは大体確かだろうが,他のメンバーは分からない.Ten Cents Stewで頑張っているギタリストはビッグ・ウォルターのMyrl盤で弾いている人と同一人物のようにも聞こえる.

両面とも曲の作者はM. Dodge - L. Harperとなっている.この「ドッジ」という人名を見て,フロイド・ディクソンがレコードを出したDodgeというレーベルの名前は,人の名前からとったのでないかと思い当たる.これでM. DodgeのMがMyrlだったりしたら謎解きは簡単なのだが,そうでもないだろうな.

|

« Ferriday, Louisiana・その3 | トップページ | メル・アレクサンダーと歌手・その1 »

コメント

確かMyrl Dodgeでよかったと思います。
"Happy Jack" Davis はベーシストかな?

投稿: o2 | 2008年12月25日 (木) 23時50分

> 確かMyrl Dodgeでよかったと思います。

あ,そうだったんですか.するとDodgeとかMyrlとかLluviaとか,大体同じものと思ってよさそうですね.

> "Happy Jack" Davis はベーシストかな?

この人に名前以外の情報があるとは思いませんでした.

何でもよく御存じで,こんな知恵が集まるなら書いている甲斐があります.ありがとうございました.

投稿: BackDoorO | 2008年12月26日 (金) 01時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/43405988

この記事へのトラックバック一覧です: Ferriday, Louisiana・その4:

« Ferriday, Louisiana・その3 | トップページ | メル・アレクサンダーと歌手・その1 »