« レイ・シャンクリンの仕事・その7 | トップページ | 十代の演奏,四十代の演奏 »

2008年8月 9日 (土)

ブルース鑑定人

サニー・ローズ,Galaxyとの契約が終った後,1977にAdventにLPを録音して,多分それと同じ頃にこんなシングル盤を出している.

Sonny Rhodes, Won't Rain In California b/w Look Out For Sonny Rhodes, Blues Connoisseur 1015.

Bluesconnoisseur1015 レーベルのBlues ConnoisseurのConnoisseurって辞書を見ると「鑑定人」,みたいなことらしい.1970年代にカリフォルニアでブルースのレコードを出していたレーベルで,わりとダウンホームなものが多いようだ.

Won't Rain In Californiaはスロー・ブルース.Galaxy録音にくらべると,緊張感に欠けてて,ぬるいんじゃないかな.音の録り方なんかも含めてマイナー・レーベルらしい作り,とゆー感じ.それでも,彼らしい迫力ある声で歌っていて,ローズ本人比で中の上か,上の下くらいにはいくかもしれない.びよ~んという音色のハワイアン・スティール・ギターを全編で弾いていて,これはなかなかロウ・ダウンな雰囲気を出している.

Look Out For Sonny Rhodesの方は元気の良いシャッフルで,こちらも悪くない.歌の文句にJ・J・マローンの名前が出てくるので,彼がギターかピアノに入っていると思う.

サニー・ローズのCDで,Won't Rain In Californiaという,このシングル盤と同名のものがある.以前,「おお,Blues Connoisseur盤のリイシューか?」と思ってオーダーしたが,これとは全然違う録音だった.このシングル盤は1977年ごろのもので,1978年のLiving Blues誌にレヴューが出ている.録音が多い人だから,特にディジタル・リイシューが必須とは思わないけれど,この録音,このままリイシューは出ずに終るのかね?

|

« レイ・シャンクリンの仕事・その7 | トップページ | 十代の演奏,四十代の演奏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/42114183

この記事へのトラックバック一覧です: ブルース鑑定人:

« レイ・シャンクリンの仕事・その7 | トップページ | 十代の演奏,四十代の演奏 »