« レイ・シャンクリンの仕事・その5 | トップページ | レイ・シャンクリンの仕事・その7 »

2008年7月26日 (土)

レイ・シャンクリンの仕事・その6

ブルースとは言い兼ねるレコードなのだけれど.

Good Time Charlie, Thrifty-Mart b/w My Beautiful Baby, Galaxy 730.

Galaxy730 グッド・タイム・チャーリーという人は以前に書いたIf You Can't Help Me Babyのようなブルースの良作があるので,ちょっと気になっていた.その後,もう少しレコードを入手できたけれど,まるっきりジミー・リードを真似したものなんかもあって,何だか個性はよく分からない.UK AceのコンピレーションDiggin' Goldに入っているWatch That Stuffは威勢のよいジャンプR&Bだったが,何でも歌うローカルR&B歌手,という人のようだ.特に得意のスタイルはなくても,一貫してパンチのある歌いっぷりをしているのは一応好感がもてる.

My Beautiful Babyというはごく平凡なR&B.グッド・タイム・チャーリーは力強くシャウトしようとするけれど,メロディーがポップすぎて歌いにくそう.これは,楽曲がつまらなくて,いただけない作だろう.

作曲者は同じ(Johnson-Johnson)だけれど,Thrifty-Martの方は聞くに耐えるR&Bだと思う.何かの曲と似ているような気もするけれど,思い出せない.小気味の良い歌い方とアレンジが良く合っている.

The Blues Discography 1943-1970は1963年の録音としている.Thrifty-Martではオルガンの間奏が入ったりするが,その奏者も含め伴奏メンバは分からない.クリフ・ゴールドスミスのプロデュースにレイ・シャンクリンのアレンジという,Galaxyレーベルのいつものコンビにより制作されている.

|

« レイ・シャンクリンの仕事・その5 | トップページ | レイ・シャンクリンの仕事・その7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/41973886

この記事へのトラックバック一覧です: レイ・シャンクリンの仕事・その6:

« レイ・シャンクリンの仕事・その5 | トップページ | レイ・シャンクリンの仕事・その7 »