« 人違いだった | トップページ | ディジタル・リイシューとミキシング,その2 »

2008年5月29日 (木)

ディジタル・リイシューとミキシング,その1

昔の録音がCDリイシューされるとして,リイシューされたときの音がどうあるべきか,っていうのは自分にはよく分からない.ミックスダウン前の古いテープが出てきて,一番良い音源がソレだ,となったとき,リイシューのためにミキシングし直すのだろうが,そのときはどういう音にするのがよいのか.どうせ昔のレコードより良い音になってしまう(ん?一概には言えないか)のだし,雰囲気がヘンでない限りは,まったく同一のミキシングを再現しなくても良さそうに思う.場合によっては昔モノラルで出たものがステレオになっても構わないのでないか.

Stacy Johnson, Consider Yourself b/w Don't Believe Him, Modern 1001.

Modern1001 凄絶,などと言ってしまいたくなる傑作,Consider Yourself.入手したときは狂喜したものだ.1964年ごろに出たこのシングル盤,もちろんモノラルだ.1999年になって,めでたくWest Coast Mosern Blues 1960's, P-Vine PCD-3060でCD復刻されたが,そっちはステレオ.ステレオつっても左から伴奏,右から歌というもので,どうにも聞きづらい.ステレオというより2トラック・モノラルで,このような場合は左右混ぜてリイシューするのがよいのではないかと思う.

それでも,P-Vineによるマスター・テープ音源からのCDリイシューは,アナログ盤のノイズがないし,盤の痛みを気にしなくてよいし,大変結構なことだ.それにシングル盤は2分40秒しか入っていないのに,CDの方は3分40秒も入っている.シングル盤で「ふぅ,終わった」と思う辺りからCDではさらにもう一回盛り上がるという訳で,この点では絶対CDの方がよい.それより何より,ステイシー・ジョンソンの歌のあまりの迫力が,ミキシングがどうの,なんてことを些細なことのように吹き飛ばしてしまう.

Pcd3060 Don't Beleive Himは熱気のあるR&Bで,こちらも歌の力は大したものだ.

ステイシー・ジョンソンという人だが,この人,息継ぎがフツーの人より長いように聞こえる.思いっきりシャウトしたまま声を長く引っ張って,それで余裕で声をコントロールしているものだから異様な迫力がある.彼の作品で聞けたのはWest Coast Mosern Blues 1960'sに入っている3曲に,アイク・アンド・ティナ・ターナー・レヴューのライヴ盤に入っている1曲,それにピアニストのジョニー・ジョンソンのアルバムで聞けるもの位しかない.これらの録音のどれをどう聞いても歌手としての力が優れていたことは明らかだ.不当に録音が少なかった不運の人,と言わなければならないだろう.

次のWebページはセント・ルイスのブルース・シーンを紹介するサイトのもので,何年か前(10年くらい前かな?)の彼のインタヴューと写真がある.木曜日と土曜日にどこそこで歌ってる,などという話をしているのだが.

Stacy Johnson Interview, http://www.stlblues.net/johnson.html

もう,いいトシだろうし,今後新しい録音で浮上する可能性は少なくなったのだろうか.

|

« 人違いだった | トップページ | ディジタル・リイシューとミキシング,その2 »

コメント

ご無沙汰しておりました。書き込もうと思いつつ2ヶ月近くも
経ってしまいました…。JBとBBは相変わらず集めてますが、まだ
まだ埋まらないです(笑)。泥沼に首までつかる覚悟をしてはいます
が、沼というよりは海かな??

この曲の様なステレオはBBやJBにも沢山ありますね。
確かにこの曲は凄い歌の迫力でそんな音質やミキシングの問題は
吹き飛びますね!

JBのシングル集も当然モノラルですが、やはりこの時代はモノの
方がしっくりきますね。音が締まって聴こえるし、やはり声が
大きく聴こえますから。
声だけでもセンターに持ってくるだけでブランドのCDの様に聴き
やすいのが一番かなあとは個人的には思っていますが。
まあ、歌の良し悪しが全てですけど。

投稿: BBJBCD | 2008年7月17日 (木) 06時40分

> JBとBBは相変わらず集めてますが、まだまだ埋まらないです(笑)。

大変でしょ,両方とも.BBは未リイシューのシングル作品もあると思いますよ.アルバムだけでも,えらい仕事になりそうです.私はJBにはあまり関心がないけれど,BBは無論大好きで,それでもBBのアルバムを全部欲しいとは全然思いません.

BBのP-Vineから出た紙ジャケのBlues In My Heartを買ったら,声が右だけなんですよ.クラウンのLPで買うならモノラル盤のが値段高そうだし,モノで良かったんじゃないかと思うんですが.CD会社的にはまた考え方が違うんですかね.もっとも,聞いてるうちに,それはどうでもよくなってくるんですが.

投稿: BackDoorO | 2008年7月17日 (木) 22時52分

全部集めるのはまあ正直意味がないとは理解してます。
BBも一回聴いたらお仕舞的なアルバムがABC以降多いですが、腐っても鯛と思ってます(笑)。
BBもJBの様にシングル全曲集を出せばいいのにと思いますが。
まあ、気長にやります。

本当の雑文ブログを始めてみました。書きたいことを書く何の考えもなしの駄文ですがお暇な際に。

投稿: BBJBCD | 2008年7月19日 (土) 13時57分

> 本当の雑文ブログを始めてみました。

見ましたよ.気合い入ってるじゃないですか.リンク貼っときました.

投稿: BackDoorO | 2008年7月19日 (土) 22時15分

>気合い入ってるじゃないですか
気合い入ってますか(笑)書きたいことだけ書いてますから。
リンクありがとうございます。

投稿: BBJBCD | 2008年7月23日 (水) 02時42分

リンクさせてもらいました。ここは内容濃いですから。

投稿: BBJBCD | 2008年7月23日 (水) 03時39分

> リンクさせてもらいました。

ありがとうございます.早速そっちから飛んで来られるお客さまがいらっしゃいます.

投稿: BackDoorO | 2008年7月26日 (土) 14時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/41365319

この記事へのトラックバック一覧です: ディジタル・リイシューとミキシング,その1:

« 人違いだった | トップページ | ディジタル・リイシューとミキシング,その2 »