« 開設3周年記念・簡易インデックス | トップページ | LAブルース・その5 »

2008年5月 7日 (水)

LAブルース・その4

UK AceのコンピレーションCD,Diggin' Gold - A Galaxy of West Coast Blues, Ace CDCHD 1017で初めて聞いた歌手だったが,すげえ,と思った.デル・カニンガムという人のことだ.そのCDに入っている2曲,Just WonderingLay Up In Bed And Readの2曲とも,ごわごわした重量感たっぷりの声に大変な魅力があって,何度も聞き返した.1960年代のウェストコースト・ブルースの傑作だ.

こんなのをもっと聞きたい,と思っていて,なんとか入手したのが次のレコード.だけれど,これはちょっと期待外れだった.

Dale Cunningham, Too Young b/w Trust Me, Cash 1067.

Cash1067 The Blues Discography 1943-1970はデイル(Dale)・カニンガムとデル(Del)・カニンガムを区別しているが,声柄からしても同一人物だ.Diggin' Goldのライナーも同一人物としている.

Trust Meは結構甘口のR&Bバラッド.歌い出しのところで何か思い出すようなメロディーのような気がしたが,Georgia On My Mindとか,そんな風に聞こえる.声はGalaxy録音で聞けるあの声で,歌も下手ではないので虚心に聞けば悪くはないのかもしれない.だけどGalaxy録音みたいなブルース曲を聞きたいよなあ.

もう少しブルースっぽいのはToo Youngの方.こちらは,リトル・ウィリー・ジョンの曲で,よくカバーされるFeverをうんとテンポを速く,軽快にしたような曲だ.まあ,声を張り上げると迫力モノだし,こちらも悪いとも言えないが,もっと良い曲を聞きたかった.

実はThe Blues Discography 1943-1970に,このレコードCash 1067は記載されていない.Cashレーベルのもう1枚,Cash 1066の方は載っていて,Too YoungはCash 1066と1067の両方で出ている.同書はCash 1066で出た2曲を1956年ロサンゼルス録音としている.レーベルには両面ともアレンジャーはアーサー・ライトと明記されている.1970年代にZ・Z・ヒルのレコードなどでアレンジをしていたアーサー・ライトだが,意外と古くからアレンジャー業をやっていたことになる.ギターもアーサー・ライト自身と思われ,Too Youngでは彼らしいギター・ソロが聞ける.あまり「アーサー・ライトがギター」とはっきりしているセッションは多くないから,ギタリストとしてのアーサー・ライトの人気は高くないかもしれない.それでも,曲に巧みに表情を付けるライトのギタリストとしての才能はすごかったのじゃないかと思っている.

デル・カニンガム,実力はあったのに,ほんの数枚のレア盤を残しただけで消えてしまったのは残念だ.Galaxyから出たレコードがもう少し売れていたら,と思う.Just WonderingLay Up In Bed And Read,どちらかにもう少し覚えやすいところでもあれば事態は変わっていただろうけれど.

|

« 開設3周年記念・簡易インデックス | トップページ | LAブルース・その5 »

コメント

お久しぶりです。三周年おめでとうございます。
"Diggin' Gold"は好コンピレーションですね。LJTがさすが圧巻だと思いますが、このDel Cunninghamの2曲もなんともグレート。他の作品も聴いてみたくなる気持ちよくわかります。
ところでGalaxyというレーベルは、単独盤を出せるほどの録音を残したのはLJTだけなのでしょうか。コンピではもう一枚、同じく英Aceからの"All Night Long They Play The Blues"を聴いております。

投稿: 輪高 | 2008年5月12日 (月) 18時58分

> 三周年おめでとうございます。

ありがとうございます.なんとか3年もちましたよ.

> All Night Long They Play The Blues"を聴いております。

サニー・ローズとか入っているやつですよね.あれも良いですねえ.

ブルースとかソウルとかだとGalaxy録音だけでアルバムを作れるアーティストはLJT以外にはないのではないですか.元々ジャズのレーベルだったそうですから,ジャズ方面は何かあるかもしれませんが.

シングル盤のリストを見るとLJT以外ではロジャー・コリンズ(All Night Long...に1曲入りましたが)が9枚出しているのが目立ちます.18曲なら,まあアルバム1枚分にはなりますが,これらが単独アルバムになったという話を聞きません.他レーベルでアルバム出した人は結構いるんですけどね.

当ブログももう少し続けますので,また見に来て下さい.

投稿: BackDoorO | 2008年5月12日 (月) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/41128191

この記事へのトラックバック一覧です: LAブルース・その4:

« 開設3周年記念・簡易インデックス | トップページ | LAブルース・その5 »