« ナッシュヴィル・ブルース・その1 | トップページ | ナッシュヴィル・ブルースその3 »

2008年1月13日 (日)

ナッシュヴィル・ブルースその2

サム・ベイカーはAthensレーベルでもう1枚レコードを出している.

Sam Baker, Best Of Luck To You b/w The Bump, Athens 213.

Athens213 これが両面とも非常に良い出来だ.Best Of Luck To Youはブルージーなソウル・バラッド.ベイカーは巧みな節回しで,張りつめた糸が一瞬も緩まないような歌唱を聞かせている.彼にもっとも合うタイプの曲なのではないか.

The Bumpは曲名からしてダンス・ナンバーで,実際その通りなのだが,ほぼブルース形式,というかアップテンポのブルースと言ってもよさそうな曲.バンドも含めたノリの良さもあるが,歌の力はやはり非常に優れているように思う.

前回,テレビ番組The !!!! Beatに出ていたスキッピー・ブルックスがセッションに参加している,という話を書いたが,The !!!! Beatに出ていた人でもう1人,大事な人がこのレコードに関与していた.というのはAthensレーベルのオウナーはホス・アレン,ボブ・ジェニングズ,ブルース・ハーパー,となっていて,AthensはThe !!!! Beatの司会者(ホス・アレン)のレーベルだったということになる.だったらサム・ベイカーもThe !!!! Beatに出してもらえばよかったのに.他のナッシュヴィル勢は結構出てんだから.

ホス・アレンが持っていたもう1つのレーベルはHermitageだった.かなり以前にNight TrainレーベルがHermitage/Athensレーベルの作品をBest Of HermitageというタイトルでCD化していて,前回紹介したSweet Little AngelTossin' And Turnin'はそのCDに入っていたようだ.今回のBest Of Luck To YouThe Bumpは,そのCDには入っていない.まあ,何か別のCDで出ているかもしれないのだけれど.

|

« ナッシュヴィル・ブルース・その1 | トップページ | ナッシュヴィル・ブルースその3 »

コメント

サム・ベイカー、思い出しました。日本盤LPは持っていたのですが
忘れてました。
前のシングルもある人のサイトでシングルを購入して、ブルース
の方が聴きたいと思っていると書いたのを思い出した(笑)。

Night Trainレーベル、ですか何かいい加減な感じのイメージの
会社だったような?何か1枚は買った記憶があるけど、これまた
なんだったか…。

ジミは映画化されるって謳い文句が…。そんなもん観るより
モンタレーとCD聴いて方がマシですな。「レイ」が売れたから
ジョニー・キャッシュもやったな。JBはスパイク・リーが
監督して造ると生前から決まっていたそうだけど。だれが演じる
のかいな?「レイ」のジェイミー・フォックスはいい線いって
いたけど、ティナ・ターナーのは最後に本人が出てしまうという
凄い落ちで、本物でたら違反でしょ(笑)。しかも。アイクはヒモ
みたいな扱いで才能面は殆ど描かれてない。ティナの自伝が元
だから当たり前ですが、じゃ亡くなったのでアイクも造る?
BB役も必要だな、ウルフもださないと駄目だから南部にでかい
親父探しですね、って造る訳ないか??

オーティスも造る噂を見た記憶が?スタックスが復活したからか
悲惨な最期だし、でも何でもやればいいってもんじゃないよ。
まあ、ウィル・スミスがアリの役やってんだから、もう何でも
ありかな、遺族は収入入ればいいんでしょ。
アリは自分で自分の役やっていたから(笑)。あの性格だもん
やるよな喜んで。
そんじゃ、マーヴィン・ゲイもサム・クックも悲惨な最期だから
映画化か??
「ドリーム・ガール」みたいに上手くいかないのよ、現実は。
特にコーラスグループの分裂は多いから。テンプスなんかは
本家より分家の方が上手いの揃ってしまった、だってリード
歌えるのが3人も居るじゃ勝ち目なし。特にアリ・オリは好き
ですね。あの声で「レディ・ソウル」歌われたら最高。
http://jp.youtube.com/watch?v=CcXj1eZeqhU&feature=related
Soul to Soulもいい出来。
http://jp.youtube.com/watch?v=go1VuMLeRvI&feature=related

何か話がずれまくりですね(笑)。
ブルース関係だと「ブルース・ブラザーズ」かこの前のブルース
100周年絡みか、ロバート・ジョンソン絡みのB級ものも
あったなあ。

結局は本物を聴いたら全て役目は終わり。

投稿: BBJBCD | 2008年1月14日 (月) 01時58分

しかし、この時代には勝てないでしょう。
http://jp.youtube.com/watch?v=CbrrnzECR98&feature=related
デビッド・ラフィンも凄いですよね。グループは首、モータンに
残って何曲かはヒットを出すも、その後は塗装屋に…。再結集に
呼ばれて、その後ホール&オーツのゲストで呼ばれた頃には
もう声が出ない…。その後も活動するも最後はドラック過で亡くなる。
恋人のタミー・テレルなんて、JBのリビューに参加、愛人に
される前に逃げる(笑)。ラフィンとは相思相愛でもラフィンも性格は悪くて
叩かれて泣いていたとか。脳腫瘍で20代で死去…。
モータウンの一時代を上りつめた悲惨なカップルの最期。
もう、ドラマより現実は凄いのよねえ。安手昼メロよりドロドロ
していて凄いのよ、っておばさん口調になるくらいよ(笑)。

投稿: BBJBCD | 2008年1月14日 (月) 02時25分

Night Trainも近頃は解説くらいは付いていて,改善されているかと思います.音質は嫌ですが.かなり良いところを突いてリイシューはしているようには見えます.では,また.

投稿: BackDoorO | 2008年1月14日 (月) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/17685121

この記事へのトラックバック一覧です: ナッシュヴィル・ブルースその2:

« ナッシュヴィル・ブルース・その1 | トップページ | ナッシュヴィル・ブルースその3 »