« このあたりでチェス・その10 | トップページ | このあたりでチェス・その12 »

2007年12月15日 (土)

このあたりでチェス・その11

これもレコード・コレクターズ誌の記事を見てから買ったレコード.

Bobby Tuggle, $64,000 Question b/w Too Late Old Man, Checker 823.

Checker823 1955年にCheckerから突然このレコードを出したボビー・タグルという人物だが,そのすぐ後にピアノ・レッドのバンドにドラマーとして参加し,レコーディングしている.独Bear Familyからピアノ・レッドのCD4枚組の箱入セットが出ているが,その解説書にこの人の消息がいくらか書かれている.Checkerからレコードを出していた頃,アトランタのラジオ局で番組を持っていたらしい.1958年から1964年までピアノ・レッドのバンドに在籍した,とのこと.

さて,$64,000 Questionだが,ドゥ・ワップ風味コーラス入りの,ノベルティっぽい,軽快なジャンプR&B/ロックンロール.ボビー・タグルはブルース歌手といっても,苦悩を嘆くとか呻くとかいう性質の人ではなく,陽気にわっと大騒ぎしてしまうシャウター,というタイプのようだ.

裏側のToo Late Old Manは,ウィリー・メイボンのI Don't Knowなんかに作りの似た曲.こっちはコーラスが入らず,よりストレートなブルースになっている.なんだか途中ドラムのリズムが乱れるように聞こえるのは,初録音の緊張のせいか,そういうアレンジなのか,演奏面でおおざっぱな人だったのか,よく分からない.

Bobby_tuggle ボビー・タグルという人,歌手としてそんなに高く評価する必要はないとは思う.二流シャウターなりの味があると言えば否定できない,というところか.でも,このレコード,誰が弾いているのかしらないが,いなたい音色のギターが入っていて,それは結構魅力があったりする.

|

« このあたりでチェス・その10 | トップページ | このあたりでチェス・その12 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/17377630

この記事へのトラックバック一覧です: このあたりでチェス・その11:

« このあたりでチェス・その10 | トップページ | このあたりでチェス・その12 »