« 違ってるよ | トップページ | ジェリー・マッケインその3 »

2007年7月 3日 (火)

ジェリー・マッケインその2

ジェリー・マッケインのレパートリーで魅力があるのは,ダウンホームでオーソドックスなブルース形式の曲,と言ってあまり反対意見はないだろう.それでも長いキャリアの中で,流行の音楽のマネをすることはよくあった.その手のものはサマにならなくてトホホな出来のこともあるけれど,何かお茶目で憎めないのはマッケインの人徳のなせる技か.

Jerry McCain, Twist "62" b/w Red Top, Okeh 7150.

Okeh7150 ジェリー・マッケイン,大レーベルOkehでは4枚のシングル盤,計7曲を発表している.上のレコードは1962年,ナッシュビル録音だそうだ.

Twist "62"は題名からしてあからさまに当時のツイスト・ブームに乗ることを当て込んで作られたダンスR&B.ツイストのリズム(?),かどうか知らないが,ダンス・ナンバーをマッケインが歌っている.しかし,これがマッケインのふにゃっとしたダウンホーム声に合っているとはとても思えない.ハーモニカも吹かないし,マッケインの作品としては,何だこりゃ,という感じ.もっとも,自身の音楽性とか関係なく,堂々とブームを狙うのがなんとなく微笑ましい,と言えないこともない.

さて,これは大外れのレコードを掴んだか,と,ひっくりかえしてRed Topを掛けると,こっちは,もう,最高.快調なサザン・ビートにのってハーモニカを吹くインストゥルメンタル・ブルース,と言う訳で,Steadyとか728 Texasとかマッケイン得意のパターンだ.ブルースのインストゥルメンタルだと,キーとテンポを決めて,あとは自由にインプロヴァイズ,というのもアリだ.しかし,その手のものとは違って,このRed Topは入念なアレンジが施されている.マッケインの哀感と暖かみのあるハーモニカ・ソロがひとくさりあった後,サックスのソロが始まるのだが,そのタイミングで女声コーラスを入れて雰囲気の変化を際立たせたり,さらに,そのサックス・ソロが2コーラス目に入ってもう一段階盛り上げよう,というところで女声コーラスを凝ったハンド・クラッピングに切替えたり,という具合に曲に巧みな変化を付けている.アレンジャーは誰だか分からないが,よく頑張っているのではないか.

The Blues Discography 1943-1970にメンバーが記されているので転記しておこう.

  Jerry McCain, V/h;
  Joe Perkins, tp;
  Boots Randolph, ts;
  Floyd Cramer, org/p;
  Grady Martin, Henry Stizelecki, gtrs;
  unknowns, b, d;
  Anita Kerr Singers chorus.

あまり馴染みのある名前は無いようだ.サックス・ソロを吹いていたブーツ・ランドルフという人はクラレンス・フロッグマン・ヘンリーやピアノ・レッドのセッションでも出てくる.

|

« 違ってるよ | トップページ | ジェリー・マッケインその3 »

コメント

ジョー・パーキンスという人は知りませんが、あとは全員白人ですね。しかも、ナッシュヴィルでは超売れっ子のスタジオ・ミュージシャンたちです。いや~面白いですね!

投稿: t-42 | 2007年7月 4日 (水) 06時36分

マッケイン・ブロウ爆発のインストなのでしょうね。とても聴いてみたいものです。関係ないのですが、私の知り合いの知り合いが、アラバマ州の北部の中都市Huntsvilleに仕事で移住したそうなのですが、ジェりーの故郷Gadsdenに近いようです。彼が今どこに住んでるのかわかりませんが今でも南部で演奏してるでしょうし、私だったら探しに廻るのになぁと思った次第です。

投稿: 輪高マリ | 2007年7月 4日 (水) 07時25分

t-42さん:
> ナッシュヴィルでは超売れっ子のスタジオ・ミュージシャンたち...

へえ,そういう人達だったんですか.その方面がまるで分からないもので...もしかして,当時のマッケインには良過ぎるようなミュージシャン?

ジョー・パーキンスという固有名詞とナッシュヴィルというキーワードでは,Night Trainという昔のTV番組に出てた同名の変てこな歌手を思い出すのですが,ラッパを吹く柄ではないように見えたし,一人だけ黒人というのも変だし,別人でしょうね.

輪高マリさん:
> 私の知り合いの知り合いが、アラバマ州の北部の中都市Huntsvilleに仕事で移住した...

うわ,何の御商売か存じませんが,そりゃ大変そう.日本国の企業でも結構米国の郊外に工場とか持っていたりしますから,そんなこともあり得ますが.

> 私だったら探しに廻るのに...

イメージとしては,日本人を見たことない,というような怪しいジュークに棲息しているような,つったら偏見ですかね.

投稿: BackDoorO | 2007年7月 4日 (水) 19時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/15640945

この記事へのトラックバック一覧です: ジェリー・マッケインその2:

« 違ってるよ | トップページ | ジェリー・マッケインその3 »