« ジェリー・マッケインその3 | トップページ | 意外な展開 »

2007年7月18日 (水)

レコード・マンの兄弟

Sun Records創設者サム・フィリップスは「大成功した偉い人」と言って反対意見は来ないだろう.重要なブルース・アーティストを何人も録音して世に出した,ブルースの世界では恩人の一人だ.それより何よりエルヴィス・プレスリーを発見して,レコードを出して,スターにしたからなあ.徒手空拳からレコード会社を始め,苦心の末にポピュラー音楽史に残るレコードマンに出世したのだから偉いには違いない.

このサム・フィリップスに,トム・フィリップス(Tom Phillips)という弟が居る.古いLiving Blues誌(No.3, Autumn 1970)に出ている情報なのだが,このトム・フィリップスも独立系レコード会社を運営していて,Black GoldとかPhillwoodとかいうのは彼のレーベルだったそうだ.当然ながら,トム・フィリップスが録音したアーティストでエルヴィス・プレスリー並に有名になった,なんてのはいない.それでも,Phillwoodレーベルで初めてレコードを作ったジュニア・キンベルことジュニア・キンブローなんかは随分アルバムを出したりして,案外有名になった.

トム・フィリップスが録音したいくつかのブルースのレコードを聞くと,トムと言う人,えらい渋い好みというか,ブルースの好みが独特だったのでないかという気もする.例えば,Black Goldから出た次のレコードなどどうだろうか.

Mills Allen And His Midnight Raiders, Dorothy Jane b/w Here It Is, Black Gold 304.

Blackgold304 ミルス・アレンは歌手兼ギタリストで,Dorothy Janeはミディアム・テンポのブルース曲.バンド編成の方はベース,ドラム,テナー・サックス,にアレンの歌とギターとなっている.率直に言って,バンドの演奏技量もアレンの歌も,御世辞にも上手いとは思えない.しかし,この,ダウンホーム感覚を煮詰めてしまったような雰囲気だけはちょっと他では代え難い.アレンの,砂が60%位混じったようなざらざらした声といい,ギターの音色,フレーズといい,下手な方だろう.しかし,いかにも南部産ブルースらしく,泥くさい魅力が溢れている.

Here It Isはもう少しテンポの早いインストゥルメンタル曲.そうねえ,半分素人のローカル・バンドが適当にジャムっているブルース曲,というところか.それでも,ギターとかサックスとかにダウンホームな味わいがある.

The Blues Discography 1943-1970によれば1965年3月頃,メンフィスで録音されたもの,だそうだ.アレン以外のメンバーは分からないようだ.両面とも作者はフランク・アレンとなっていて,これはミルス・アレンの本名なのか,あるいはその縁者なのか,分からない.

|

« ジェリー・マッケインその3 | トップページ | 意外な展開 »

コメント

先日は僕のつたないブログにリンクまで貼っていただいて本当にありがとうございました。
今日はトム・フィリップスの話題ですか。
確かジェリー・リー・ルイスのロード・マネージャーからこのビジネスに入ったんですよね。
今ではトムの息子達がSELECT-O-HITS(S.O.H.)という南部でもかなり力のある独立系ディストリビューターをやっています。
一時はサザン・ソウルやブルースの新譜も沢山出していたのですが(J・ブラックフット、リン・ホワイト・・・)、最近はちょっとおとなしめではあります。
で、ミルス・アレン、懐かしいので僕も出してきました。
この人の発音というか歌が「すごい」ですね。多分しゃべられたら絶対分からない英語だと思います。よく聞いても「ドロシー・ジェイン」と言っているようには聞こえない・・・(笑)。
おっしゃるように、とにかくダウンホームな音、特に裏面のインストのいい加減な黒さが気に入っています。
このシングルの一番前の「Cool Papa (Black Gold 303」にもレーベルにMills Allen and his Midnight Raidersのクレジットがあります。裏のこれまたいい加減なタイトルのインスト「This is it」も、ほとんど「Here it is」と同じスタイルです。
クール・パパさん(ウィリー・ジョーンズ)のほうがよりモダンな唱法(遠くにサムクックも聞こえる感じ)で受ける要素が多そうですが、ミルスさんのイナタサ加減にも、ブルースの汲めど尽きせぬ魅力が一杯です。
今日も、こちらの記事に触発されて素敵なブルース・タイムをすごすことが出来ました。
本当にいつかちゃんとブルースを系統立てて聴いてみたいと思っています。
では、失礼いたします。

投稿: むらた まこと | 2007年7月20日 (金) 01時13分

むらたさん,いつも興味深いコメントありがとうございます.

> 今ではトムの息子達がSELECT-O-HITS(S.O.H.)という...

そうだったのですか,知りませんでした.親父さんを見ていて,このビジネスのノウハウを受け継いだ,ということでしょうか.

> 一時はサザン・ソウルやブルースの新譜も沢山出していたのですが(J・ブラックフット、リン・ホワイト・・・)

ブラックフットとかリン・ホワイトとかも,その時代ではダウンホームな部類ですから,一族の好みなのか,その手のニーズには嗅覚が鋭いのか.

> このシングルの一番前の「Cool Papa (Black Gold 303」

ああ,これ,次回書こうかと思っています.とは言っても,コメント頂いた通りのレコードなんで,特別付け加えることも無いのですが.

また,何かありましたら御教示下さい.

投稿: BackDoorO | 2007年7月20日 (金) 18時30分

>ああ,これ,次回書こうかと思っています

すみませんでした。でしゃばってしまったようです。
お許しください。

投稿: むらた まこと | 2007年7月21日 (土) 13時03分

> すみませんでした。...

あ,いやいやどうぞお気になさらずに.思ったことを何でも書いていただいてよいのですよ.

投稿: BackDoorO | 2007年7月21日 (土) 19時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103105/15803987

この記事へのトラックバック一覧です: レコード・マンの兄弟:

« ジェリー・マッケインその3 | トップページ | 意外な展開 »