2017年9月17日 (日)

出版物から(2)

最近のLiving Blues誌,#250では,アレックス・ヴァン・デル・トゥーク(カタカナがこれでよいかどうか,分からない)のブラインド・ジョー・レイノルズに関する記事が面白かった.この記事はThe New Paramount Book Of Bluesという本からの抜粋なのだそうだが,その本はまだ見ていない.

ブラインド・ジョー・レイノルズは,1930年にParamountに録音したOutside Woman Bluesなどで知られている.ミシシッピ・ブルースのジャンルに分類されてきた人だ.録音後70年以上が経過した2001年になって,Ninety Nine Blues b/w Cold Woman Bluesがようやく発見,復刻された,なんていうこともあった.その70年ぶりに日の目を見たCold Woman Bluesというのはかなりの傑作ではないかと思う.

ブラインド・ジョー・レイノルズに関しては,ゲイル・ディーン・ワードローがリサーチをしていて,その結果はHe's A Devil of a Joeという記事(Chasin' That Devil Music, Miller Freeman Booksに収められている)で発表されている.それによると,次のことが分かったとされている.

(1)タレント・スカウトのH.C.スパイアはブラインド・ジョーをルイジアナ州レイク・プロヴィデンスの近くの製材所のバレルハウスで発見した,と言っていること.
(2)ルイジアナ州モンローで演奏していたジョー・シェパードという人物にたどり着いたこと.
(3)シェパードは1968年に亡くなって,ワードローは接触できなかったものの,その甥はレイノルズの録音を自分の叔父によるものと認めたこと.
(4)シェパードはヴィクスバーグから20マイルのルイジアナ州タルラーで育ったこと.
(5)「レイノルズ」という偽名は,タルラーの北数マイルにある地域の名称から付けたものかもしれないこと

このワードローのリサーチは,多くの証言に基づいたもので,疑う余地があるようにも思えない.ところが,ヴァン・デル・トゥークによると,ブラインド・ジョー・レイノルズはジョー・シェパードとは別人かもしれない,ということなのだ.

ヴァン・デル・トゥークは,まずParamountレーベルのマトリクス番号に着目している.レイノルズの録音の番号は次のようになっている.

L-144-3 Outside Woman Blues
L-145   Ninety Nine Blues
L-146-2 Nehi Blues
L-147   Cold Woman Blues

この直前にはウェスト・バージニアのアーティスト,直後にはセントルイスのアーティストのグループが録音している.例えばセントルイスのバレルハウス・バックはL-152,L-153,チャーリー・マクファデンL-154,L-155,となっている.そうすると,番号のつながり具合からすれば,レイノルズとセントルイスに何か関係があるかもしれない,ということになる.

記事は,レイノルズがレイク・プロヴィデンスでスカウトされたということは否定していないのだが,Paramount録音の後,同じスタジオに居た他の音楽家と共にセントルイスへ移住したのではないか,と推測している.

レイノルズは,Paramountの後,Victorにブラインド・ウィリー・レイノルズの名前で録音する.そのVictorで録音された曲名の中に,Third Street,それからGoose Hillという地名が出てくる.ゲイル・ディーン・ワードローは,ベス・ミラージという人の証言として,これらがヴィックスバーグにあった場所だとしている.ところが,ヴァン・デル・トゥークはグース・ヒルという地名がヴィックスバーグにあったという証拠はない,としている.一方,イースト・セントルイスには,グース・ヒルと呼ばれる地区が今でもあるという.

グース・ヒルがイースト・セントルイスの地域であれば,サード・ストリートもイースト・セントルイスに以前存在した有名な歓楽街のように思われる.ピーティー・ウィートストローが住んでいた,という地域だ.確かに,地名に関してはこちらの可能性が高そうに思われ,レイノルズがセントルイスかイースト・セントルイスに居たというのは辻褄が合いそうだ.

ところで,セントルイスのある住人の死亡証明書が発見されている.死亡の日時は1931年3月21日午後11時45分,死亡したのは37歳くらいの黒人で,氏名はジョー・レイノルズ,職業は「ミュージシャン」.出身地はアラバマ,となっているそうだ.これがレコードを出していたブラインド・ジョー・レイノルズなら,レイノルズがセントルイスの住人だったという仮説は正しそうに思われる.そうだとすれば,1968年まで存命だったジョー・シェパードの方は「人違い」となるのだが,どうなのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 3日 (日)

出版物から(1)

Zydecodisco Robert FordとBob McGrathによるThe Zydeco Discography 1949-2010 (Eyeball)を買った.これは,The Blues Discographyみたいな大判の本ではなくて,ブルース・アンド・ソウル・レコーズ誌などと同じ大きさの本だ.

ザディコはあまり聞かないけれど,これを見ると,そうか,それでも1%くらいは聞いているな.この本は382ページだから,3ページか4ページ分くらいだなあ.

少し前にJ・J・ケイリアー(カタカナがこれでよいのか,分からない)のレコードのことを書いたとき,どうもデータが分からなくて,それで,この本も持っていた方がいいんじゃないか,と思って入手したわけ.

それで,どうもJ・J・ケイリアーというのが今活躍中のJ.J. Caillier IIIとは違うんじゃないか,とは思っていたが,このディスコグラフィーを見たらはっきり分かった.やはり,このケイリアーはJ.J. Caillier IIIの父だった.1986年ラフィットで録音されたもので,息子のケイリアーIIIはキーボード,アコーディオンはファーネスト・アーセノー,サックスとウォッシュボードがキャット・ロイ・ブルサード,などというメンバーだそうだ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月28日 (月)

偉大な先駆者

ブルース音楽に関する研究の草分け,ポール・オリヴァー氏が亡くなったそうだ.90歳だったそうだ.一昨年にはサム・チャーターズも亡くなったし,ミュージシャンだけでなくブルース音楽の魅力を文章で伝える人の方も,まあ,段々とね.

氏の著書では,ブルースの歴史(晶文社),ブルース―アフリカ(晶文社),ブルースと話し込む(世紀音楽叢書),が日本語になっていると思われる(他にもあるかな?).特に「ブルースの歴史」と「ブルースと話し込む」は,日本人がブルース音楽を理解するための手がかりとして,欠くべからざるもの,であろう.他にもScreening The Blues, Blues Fell This Morning, Songsters And Saints, と重要な著作がある.それにレコードの監修,解説も数多くあった.

Screening The BluesとかBlues Fell This Morningの目次を見れば,クリスマスとブルース,宗教とブルース,賭け事とブルース,ヒーローとブルース,エロとブルース,旅とブルース,迷信とブルース...ブルース音楽に関する面白そうなテーマはオリヴァー氏がみな手を付けているではないか.それに,ソングスターが残した作品のルーツを探りながらレイス・レコーズ以前のアフリカン・アメリカン音楽の状況に迫るSongsters And Saintsも他に類のない力作だった.

音楽評論の仕事は,1952年のJazz Journalに掲載された記事が最初(Blues Off The Record, Da Capo)だそうだが,以後,英国の大学で建築学の研究を本業としながら,音楽の方でも,「ブルースと話し込む」のような密度の高い仕事をしてきたのだから,大変なエネルギーの持ち主だった.本人は建築学と音楽の関係について,建築の方ではvernacular architectureが専門で,ブルースもveranacular(土地に特有の)な音楽だし,みたいなことを書いていた(これもBlues Off The Record).

1997年には日本にやってきて,金沢市で開催された国際ポピュラー音楽学会大会で講演をしている.そのときの予稿は翻訳され,現代詩手帖1997年10月号に掲載されていたりする.ブルース音楽とネイティブ・アメリカンの関係,という内容で,関係は結局よく分からないようなのだが,着眼点はさすがに面白い.

オリヴァー氏の著作,これを機会に読み直すのもよいのではないか.

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年8月12日 (土)

20年間の軌跡

前回に引き続いて,これもナッシュビルのダウンホーム・ブルース.

Shy Guy Douglas, What's This I Hear b/w Monkey Doin' Woman, Todd 1092.

Todd1092 トム・“シャイ・ガイ”・ダグラスは,The Blues Discography 1943-1970で見ると,1949年から1969年のおよそ20年間に,29曲を録音している.意外と録音が多いんだな,と思う.リイシューも進んでいて,このTodd盤の2曲はHarp Blues Ace(UK) CDCHD710というCDで出ているそうだ.1999年発売という随分前のCDだけれど,今でも買えるだろう.傑作が詰まったCDなのだけれど,いろいろ他のCD,LPと重複するのがちょっと難点.

シャイ・ガイ・ダグラスについては,20年間の成果の一部しか聞いてはいないけれど,おおむねコンスタントに優れた作品を作ってきたのではないか.重量感と安定感のある声で聞かせるダウンホーム・ブルースはなかなかのものだ.ときには歌なしのインストゥルメンタルもあるけれど,その場合はハーモニカの妙技を聞かせる.

このToddレーベルの2曲は,1963年の録音で,傑作と言えるだろう.What's This I Hearはスロー・ブルースで,南部のブルースの魅力を伝えていて素晴らしい.ざらざらとした声による味わい深い節回し,重厚で暖かみのある伴奏,最初と最後に聞けるハーモニカ,いずれも良い.Monkey Doin' Womanは一転してアップテンポのブルースで,こちらも歌,ハーモニカとも良い味を出している.

ご本人の歌とハーモニカ以外のメンバー,ギター,ベース,ドラムは誰が演奏しているのかわからない.

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年7月30日 (日)

今は地下6フィート

これもテネシー州ナッシュビルのダウンホームなブルース.地元の有名レーベルから出たもの.

Robert Garrett, Quit My Drinkin' b/w Do Remember, Excello 2216.

Excello2216 ロバート・ギャレットという人は,1916年1月28日テネシー州フリーヒル生まれ,1987年11月24日死去ということで,もうじき死後30年になる.古くはExcello Story (Excello DBL28025) のLPにQuit My Drinkin'が入っていたりして,まあまあ知名度はないこともないだろう.

ロバート・ギャレットという人は,よく通る声で泥臭く歌う.歌が上手いとは思わないが,上手くないのも味のうちというタイプだろう.なんか、タイミングが,どうも,テキトーだと思うが,気にしないことにする.

両面ともスロー・ブルース.リード・ギターは意外とモダンだが、これはおそらくジョニー・ジョーンズが弾いている.ギャレット自身もギターを弾くが,Do Rememberのイントロで聞ける生ギターがそれだろう.他にピアノ,ドラムが入る.

Do Rememberは,リロイ・カーのSix Cold Feet In The Groundで,間奏の後に少し違う歌詞が入る.生年からすれば,リロイ・カーが1935年に録音したこの古いシティ・ブルースを知っていてもおかしくはない.それでも60年代のシングル盤としては古風な方だろう.

The Blues Discography 1943-1970は1962年のナッシュビル録音としている,

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日)

ナッシュビルの片隅で

テネシー州ナッシュビルのブルースやらR&Bやらずいぶんリイシューされたと思うけれども,コレはどうだろう.CDとかで聞いたような記憶がない.

Morris Bailey and the Thomas Boys, Tell Me Why b/w Calendar Hanging On The Wall, Bailey Records 500.

Bailey500 アーティスト名がBaileyでレーベル名もBaileyだから,これはアーティスト自身のレーベルなのだろう.しかし,モリス・ベイリーなんて言われても,誰だかさっぱり分からない.

ナッシュビルのブルースには色々と幅があって,ロスコー・シェルトンみたいなソウル・ブルース的なものもあれば,シャイ・ガイ・ダグラスみたいなハーモニカ入りダウン・ホーム・ブルースもある.このモリス・ベイリーのレコード,1960年代のナッシュビル・ブルースの中でも極端な方で,かなり驚いた.

編成は本人の歌とギター,もう1本のギター,ハーモニカ,以上.カントリー・ブルースに近いようなもので,1960年代に,このスタイルの音楽をよくシングル盤として出したものだ,と感心する.レコードにするくらいだから,こういう音楽が1960年代のナッシュビルのどこかで,演奏され,人気があったのか.

Tell Me Whyに針を降ろせば,イントロからたちまちローダウンな雰囲気に飲み込まれる.よくカバーされるThat's All Rightのタイプのスロー・ブルースだが,ざくっざくっと重々しいリズム,渋い声,それに終始絡まる生ハーモニカが合わさって,何だか大変な雰囲気になっている.1947年のオサム・ブラウンの録音を思い出したりもする.演奏の技量が極上とは言えないかもしれないが,貴重な音楽の記録のように思われる.

Calendar Hanging On The Wallの方はアップテンポのブルースになるが,こちらも超ダウンホームな仕上がり.

The Blues Discography 1943-1970は1962年ごろにナッシュビルで録音されたもの,としている.知られざる逸品ではないかなあ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

ワイルド・アトランタ・ブルース

これも,「ブルース ─ その源流のさすらい人 第1集」のLPに入っていて,よく聞いた.

Danny Boy, Wild Women b/w Kokomo Me Baby, Tifco 824.

Tifco824 特に気に入っていたのはWild Women.ダニー・ボーイのダウンホーム感覚ある歌,曲名とおりワイルドに盛り上がる伴奏が組み合わさり,大変に魅力ある作品になっている.

Kokomo Me Babyの方は,もう少し大人しく,クールな印象だが,こちらも快調.歌のメロディーだけ聞いていると気がつかないが,文句からするとSweet Home Chicago/Kokomo Bluesの系統の歌だと分かる.

東海岸のカントリー・ブルースに関する研究書,Bruce Bastin, Red River Blues, the University of Illinois Pressにこの録音のことが書かれている.ジョージア州アトランタでカントリー音楽のレコードを作っていたビル・ロウリーという人がいて,このレコードは,彼のスタジオで1958年に録音されたものだという.一方,The Blues Discography 1943-1970は1961年2月録音,としていて食い違っている.

Red River Bluesによると,ダニー・ボーイはハーモニカ奏者を連れてスタジオに現れたが,このハーモニカ奏者が困った奴で,商売道具のハーモニカを持って来なかったという.借りてきたハーモニカは音が外れていたが,それを使って録音は行われた.聞いた感じでは,その影響はあまりなさそう.ベース,ギター,ドラムはビル・ロウリーのスタジオにいた白人のカントリー音楽のミュージシャンだった.

ダニー・ボーイは歌とリズム・ギターを担当したという.リード・ギターは白人カントリー・ギタリスト,ジェリー・リードが弾いている.彼は,カントリー音楽の方では成功して,全米ヒットをいくつも出している.Wild Womenの間奏でぎゃらぎゃらぎゃら...と弾くのは彼なのだろう.

曲の作者は両面ともD. Thomasと記されている.一方,たまたまダニー・ボーイ・トーマスという人物がニューヨークの会社からレコード(Groovy 3002)を出しているが,これはソウル・バラッドをやっていて,アトランタのダニー・ボーイとは別人だ.

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

ルイジアナ・ブルースのいろいろ(11)

ジョー・リチャーズらと共に「ブルース ─ その源流のさすらい人(London(J) GXF2001)」のLPで覚えたのがドリフティング・チャールズことチャールズ・タイラーだった.

Drifting Charles, Drifting Clouds b/w Evil Hearted Woman, Lanor 515.

Lanor515 そのLPの中でも,チャールズ・タイラーのDrifting Cloudsというのは好きで,繰り返し聞いたものだった.その後,1982年というから35年も昔の話だが,Louisiana R'nB from Lanor, Red Pepper RP702,というLPが出て,彼の曲を4曲聞けるようになった.

今聞き直してもDrifting Cloudsは優れたサザン・ダウンホーム・ブルースだと思う.ゆったりと,レイドバックしたスロー・ブルースで,タイラーの歌は,ちょっとした節回しに味があって,聞き飽きない.タイラー自身によるギターがまた良い.まあ,自分でギターを弾く人が聞けば上手いとは思わないかもしれない.しかし,伝えたいことを伝える,という点では,見事な演奏だ.

Evil Hearted Womanは軽快なルイジアナ・ロッキン・ブルース.これはRed PepperのLPにも源流のさすらい人のLPにも入っていなかった.ありがちな曲かもしれないが,間奏の短いギター・ソロなど,悪くは無い.

1963年5月,ルイジアナ州クロウリーで録音されたとのことで,本人の歌,ギターの他,アル・フォアマンのギター,ルーファス・シボドーがベース,オースティン・ブルサードがドラム,というメンバー.チャールズ・タイラーはLanorレーベルで4枚シングル盤を出した後,流れる雲のようにどこかへ消えていった.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日)

ルイジアナ・ブルースのいろいろ(10)

今度はもう少し録音の多い人を.

Raful Neal, It's Been So Long b/w You Don't Love Me No More, Whit 6904.

Whit6904 少し録音が多い,と書いたけれども,1950年代,60年代のレイフル・ニールは,ぱらぱらとシングル盤を作ったくらいのもので,マイナーな方のアーティストだったと言えるだろう.1980年代後半以降になるとアルバムを出して,一気に録音が増えたけれども.

レーベルのWhitはJewel/Ronnの一部門だから,この2曲は権利を持っている会社が内外でリイシューしていると思う.今,CDでどうなっているか知らないのだが,LP時代に日本国ではP-VineがIt's Been So Longを出していた(Harp And Blues, PLP725).そのLPが出たのは1983年,もう四半世紀近くも昔のことになってしまった.

ぴーっという高い音のハーモニカで始まるIt's Been So Longだが,ジョー・リチャーズのDreaming Dreamingとかギター・ゲイブルのHello Operatorとか,その手のものにカテゴライズされる曲.ルイジアナの歌手らしい曲ではある.このレイフル・ニールの作品は,比較的テンポを速くして,しゃきっとした仕上がりになっている.しみじみした哀愁よりは,活きの良さが勝っているようだ.

反対側のYou Don't Love Me No Moreは,がらっと雰囲気が変わり,ファンク・ブルース.アレンジャーは,同じレーベルでレコードを出していたボビー・パウエルだ.楽曲,ホーン・アレンジ,ハーモニカ・ソロ,とソツがなく,合格点はとれそうな感じ.何か,もう一つ不足しているとしたら,ヴォーカルにそれなりの味があるものの,少々あっさりしすぎで,熱さ不足のように思わないでもないことか.そういう個性なのかもしれないけれどね.

The Blues Discograpy 1943-1970は,1970年,ルイジアナ州バトンルージュで録音されたもの,としている.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月25日 (日)

ルイジアナ・ブルースのいろいろ(9)

この人は,ルイジアナの歌手の中で,オブスキュアな方だろうか.

Joe Richards, Dreaming Dreaming b/w You'ld Better Change, Carl 504.

Carl504 ルイジアナ州オペルーサスのレーベルから出たもので,1962年オペルーサス録音.ジョー・リチャーズは,このレコードを出した後,ジョー・リッチという名前でクロウリーのT-Birdから1枚出して,シングル盤はその2枚で全部のようだ.

昔々のことだが,T-Bird録音の方が,ブルース─その源流のさすらい人,第1巻,London(J) GXF2001,というLPで紹介されていて,そのLPのおかげで,この人の名前をどうやら記憶していた.

Dreaming Dreamingはスリム・ハーポのRaining In My Heartみたいなタイプの曲.結構良い声をしていて,ほのぼのとしたところも,哀愁もあって,ナイスなルイジアナR&Bではある.けれど,すごく印象に残る個性があるかというと,どうもなあ.ジョー・リチャーズは,この歌をT-Birdでも再演している.聞き比べると,T-Birdの方は,このCarl盤より少しゆっくりしているかな,というくらいで特にどちらの出来が良いということもない.

You'ld Better Changeの方は,ロックンロールっぽさもある,速いテンポのロッキン・ブルース.スリム・ハーポとかでもこんなのがあったな,などと思う.なかなか楽しく聞ける.ハーモニカが好演しているのだが,デイヴィッド・“ディー・ディー”・グラドニゴという,あまり有名じゃなさそうな人が吹いている.The Blues Discography 1943-1970を見ると,彼のハーモニカ演奏を聞けるのは,他にはロスコー・シェニエの2曲と,ロンサム・サンダウンのあまり有名でない曲くらい,のようだ.

You'ld Better Changeの方はUK AceのRhythm n Bluesin By The Bayou Rompin' & Stompin', Ace CDCHD 1388,T-Bird録音はBluesin' By The Bayou, Ace CDCHD1368,More Louisiana Swamp Blues, Flyright CD 24などのCDで復刻されている.

| | コメント (11) | トラックバック (0)

«ルイジアナ・ブルースのいろいろ(8)